最短最速!英語学習室【777】

TOEIC 800点超えを達成!苦手だったスピーキングも克服!現在、高いリスニング力習得に向け奮闘中!これまで様々な勉強法に手を出し遠回りしてきました。そんな私の経験から、ムダが無い「最短最速な英語学習法」を紹介していきます!

サイト内検索

カスタム検索

オンライン英会話のメリット・デメリット

ShortBreak_12

 

◯ メリット

オンライン英会話教室には、一般英会話教室にはない以下のようなメリットがあります。

(1) 値段が安い!

前述の2大メリットの1つ目です。なんといっても値段が安いです。一般的英会話教室の場合、月額3〜5万円くらいかかるのが普通ではないでしょうか。それに対して、オンライン英会話は月額3000〜5000円から始められます。圧倒的に金銭的敷居が低いです。

理由は、

・構える必要がないので運営費が抑えられる

・人件費の安い外国人講師(主にフィリピン人)を採用している

の2点が大きいと思います。

もし自分に合わなければ退会し次の教室を試す、というのが気軽にできる値段です。

(2) 都合の良い時間に受けられる!

たいていのオンライン英会話は、6:00〜24:00の時間帯で開講しています。これならば、仕事がかなり忙しい方でも通勤前or就寝前に受講可能ではないでしょうか。毎週決まった曜日の決まった時間に受ける必要はありません。「今週は忙しいから来週まとめて受けよう」もOKです(*受講プランによる)。

通学がいらないというのも大きいですね。家に帰ればそこが教室です。休みの日に、わざわざ通う必要もありません。

(3) リラックスして受けられる

オンライン英会話なら自宅で受けられるので、かなりリラックスできます。お酒を飲みながらでもOKです。コミュニケーションにおいて「リラックス」というのは重要です。緊張で全然言葉が出てこなかったのが、リラックスすると不思議にスラスラ出てくるというのは良くある話です。

(4) パソコンで調べながら会話できる

分からない単語や表現が出てきた時に、ネットですぐに調べることができます。また、日本の正月文化を話題にしているとき、osechiやkagami-mochiで画像検索してくれと言えば、写真を見ながら会話できます。osechiやkimono画像を見せたら話が結構弾みますよ。

さらに、たいていのオンライン英会話はスカイプを利用しており、スカイプ上でチャットも可能です。英会話を練習したいのに、なぜチャットなんだ!?と思われるかも知れませんが、これが結構使えます。どうしても聞き取れなかったら、単語を書いてもらえますし、話題にしたいサイトのURLを知らせたりもできます。共通のサイトを見ながら会話できるのは、オンライン英会話ならではのメリットだと思います。

◯ デメリット

一方デメリットは、以下の点が挙げられます。

(1) 一般的英会話教室のようにしっかりしたカリキュラムがない

オンライン英会話教室の多くは、「友達感覚で気軽に英会話できる機会を安く提供する」をコンセプトに運営しているように思います。しっかり練られたカリキュラムは、期待しない方が良いでしょう。

講師や教室任せにせず、個人で目標を設定して成長していく姿勢が大切です。自分の現在のレベルは?目標は?日常会話とビジネス英会話のどちらをマスターしたい?プレゼンがうまくなりたいのか?などなど、前もって自己分析しておいた方が良いでしょう。それによって選ぶ教室・レッスンプラン・講師も変わってくるはずです。

そして最初のレッスンの際に、自分の目標や今後のプランを講師に提案することも大切です。人気講師の場合、その提案を受けてさらに改善案を提示して下さる方もいらっしゃいます。どちらにしろ重要なのは、主体的にレッスンを受けることです。

(2) 講師の質にばらつきがある

ほとんどのオンライン英会話教室では、講師の採用基準を設けているので一定の水準はクリアしています。とはいっても、一般的英会話教室の講師と比べると見劣りしてしまうのは事実です。素晴らしい講師がいる一方、そうではない講師もおり、質のばらつきは一般英会話教室よりも大きいと思います。

(3) 同じ講師のレッスンを受け続けられる保証がない

一般的英会話教室の場合、講師を専業で行っているため、1つのカリキュラムの途中で講師が変わることは少ないと思います。一方、オンライン英会話の講師は、アルバイト感覚で行っている方が大半と思います(*一部の教室は専業講師です)。

大学のテスト期間中は予約できない講師や、就職活動するので来月で辞めますといった講師も実際にいました。批判している訳ではなく、オンライン英会話はこういうもの、と割切った方が良いと思います。

(4) ボディランゲージに制限がある

ビデオ通信で会話するので多少のボディランゲージは学べますが、、やはり限界はあります。人間のコミュニケーションは、「実際に発する言葉よりも非言語(ボディランゲージ・表情・声のトーンなど)の方がはるかに情報を持っている」とも言われるくらいなので、直のマンツーマンには勝てないと思います。

 

⇒ オンライン英会話で得られる効果と注意点 へつづく

 

♠♣♥♦♠♣♥♦♠♣♥♦

< 実践力養成編 >
↓ オンライン英会話 のメニューはこちら ↓

スポンサーリンク



↓最短最速!英語学習室のメニューはコチラ↓

へ戻る!


公開日:
最終更新日:2016/07/10