最短最速!英語学習室【777】

TOEIC 800点超えを達成!苦手だったスピーキングも克服!現在、高いリスニング力習得に向け奮闘中!これまで様々な勉強法に手を出し遠回りしてきました。そんな私の経験から、ムダが無い「最短最速な英語学習法」を紹介していきます!

サイト内検索

カスタム検索

語彙力の目安

 

各ステージでの語彙力をグラフにしました。

語彙力の目安_2r

【補足】 語彙数は、「I」「you」「and」なども含んだ全単語数の事です。

 

センター試験を勉強した方は、大体4000語もの単語を覚えたことになるんですね。そして、TOEIC 860点では9000語となっています。センター試験の倍以上で、やる気を失いそうです・・・。

しかし、語彙力と文法は全ての土台になる大事な基礎力です。基礎力が低いまま、リスニングやリーディングを勉強しても効率は悪く、時間がもったいないです。

本サイトの対象者でお話しした通り、いくら努力してもその順番を間違えると水の泡です。特に英語学習の場合は。必ず、英単語文法で土台を固めてから、TOEIC対策やリスニング・リーディング・スピーキングなどへ進みましょう。

さて、語彙力をつけるおすすめの方法は、

単語本を1冊用意し、基本単語2000-3000個を暗記すること

です。

英単語は文脈で覚えないと意味がない、とおっしゃる方もいますが、半分正解半分間違いだと思います。確かに、複数の意味をもつ単語はたくさんあり、文脈に沿って覚える方が生きた単語を覚えられます。それはその通りだと思います。

しかし、あまりにも基礎的な語彙力がない場合、リスニングをやろうにも、リーディングをやろうにも、思うようにはかどりません。ストレスフルで投げ出したくなります。目安としては、TOEIC新公式問題集(パート7)をやってみて、2〜3文あたり1個以上の頻度で知らない単語に出会ったら、語彙力が足りないと思って下さい。

語彙力が足りていなければ、TOEIC用の単語本を1冊買い、知らない単語を全て覚えましょう。個人差はありますが、大体2000-3000個詰め込めばOKです。

2000-3000個という数に圧倒されるかも知れませんが、最強暗記ツール「アンキドロイド」の使い方で紹介する暗記アプリを使えば鬼に金棒です。かなり効率よく暗記可能です。

2000-3000個覚えたら、中学・高校時代の超基礎単語 (I, you, andなど)と合わせて大体4000-5000語レベルの語彙力を習得しているはずです。

加えて、とにかく「TOEIC新公式問題集」をやり込むで紹介した手順でリスニング、リーディングを行うことで、より多くの単語を文脈で覚えることが可能です。TOEIC新公式問題集を2〜3冊終える頃には、6000〜9000語(TOEIC 730〜860点相当)の生きた語彙力が身についていると思います。

私も大学時代に2000-3000個の英単語を詰め込んだことがあります。

その後に英文を読むと、読むスピード・理解力が格段にアップしていているのに驚きました。知らない単語はちらほら出てきますが、前後の文脈で推測できるレベルになっていました。最低限これくらいの語彙力があって、はじめて知らない単語を文脈で推測できます。何はともあれ、1冊は単語本を暗記しましょう。そこがスタートラインです。

【補足①】 英単語の土台ができたら、次に文法を勉強しましょう。

その後は、

それぞれ進んで下さい。

 

【補足②】 語彙力は以下のサイトで、3分程で計測できます。

Weblio語彙力診断テスト

ぜひ現在のレベルを確認してみて下さい。以下の結果が出力されます。

語彙力の目安_3

他には、アルクが提供している以下のサイトもあります。

英単語力診断テスト

こちらは、語彙数は出ず以下のようなアドバイスが表示されます。

語彙力の目安_4

 

⇒ 英単語の覚え方 へつづく

 

♠♣♥♦♠♣♥♦♠♣♥♦

< 基礎力養成編 >
↓ 英単語 のメニューはこちら ↓

スポンサーリンク



↓最短最速!英語学習室のメニューはコチラ↓

へ戻る!


公開日:
最終更新日:2016/07/10