最短最速!英語学習室【777】

TOEIC 800点超えを達成!苦手だったスピーキングも克服!現在、高いリスニング力習得に向け奮闘中!これまで様々な勉強法に手を出し遠回りしてきました。そんな私の経験から、ムダが無い「最短最速な英語学習法」を紹介していきます!

サイト内検索

カスタム検索

精聴のための勉強法 -オーバーラッピング編-

0_ShortBreak_6

 

精聴のための勉強法の1つ目、「オーバーラッピング」について説明します。

オーバーラッピングとは、英文スクリプトを見ながら、音声に合わせて音読する練習のことです。オーバーラッピングを真剣にやるだけで、リスニング力が飛躍的にアップします。自分で発音できる音声は、聞き取れる音声に直結するからです。

私は大学時代・大学院時代に、「DUO3.0」と「ダイアログ1800」を使ってオーバーラッピングをやり込みました。この時にリスニングの基礎力ができたと思います。

◯オーバーラッピングの効果

オーバーラッピングの効果は以下のとおりです。

・音の連結(リエゾン)や消失が身に付く

・アクセント、リズム、イントネーションが身に付く

・区切り(息継ぎ)の位置が身に付く

 

<オーバーラッピングのやり方>

 

1. 音声とスクリプトのある英文素材を選ぶ

(*素材選びは、精聴のオススメ素材をご参考下さい。)

2. 英文スクリプトを見ずに3回聞く

3. 英文スクリプトで意味を確認する

4. 知らない単語・表現のうち、重要だと思うものをリストアップして暗記する

これは重要なものだけでOKです。例えば、TOEIC新公式問題集の場合、「正解と解説」や「Words&Phrases」欄に記載されているものです。暗記に力を入れすぎると、どうしても1素材あたり時間がかかってしまいモチベーションが下がります。暗記にそれほど力を入れなくても、オーバーラッピンや次で説明するシャドウイングを繰り返す事で、ある程度定着するのでそれで十分でしょう。重要なのはモチベーションを保ちつつ継続して練習することです。

5. スクリプトを見ながら、音声に合わせて音読する(CDの音声に集中しながら)

つっかえたり、あやふやな箇所は、その部分だけ巻き戻して何度も繰り返す。どうしても音読について行けない文章が、1つの素材あたり2、3個出てきます。発音できなくて本当にイライラしますが、これを発音できるようにするのが、ここでの目的です。難しい部分を発音できるようになると気持ち良いですし、自然にリスニング力がアップしています。難しい部分や文章は、最低50回は繰り返し練習しましょう。意味を考えながら音読できればベストですが、難しければ音読にのみ集中して下さい。

6. スクリプトを見ながら、音声に合わせて音読する(イヤホンを少しズラして自分の音声にも集中しながら)

イヤホンをしていると、自分の発音やアクセントが間違っていても気づきにくいです。イヤホンを少しズラし、自分の音声がCDの音声にできるだけ近づくよう調整しましょう。

7. 全文がスラスラ音読できるようになったら、次の素材に移って上記を繰り返す

回数の目安は、1素材あたり10〜20回です。最初から最後まで、すらすら音読できるようになってからカウントして下さい。また、適当なタイミングで復習するとより効果的です。

 

++++++++++++++++++++

以上です。

オーバーラッピングは、シャドウイング(スクリプトを見ないで音読)よりも負荷は少ないですが、それでも音読が初めての方には難しいと思います。CDの音声についていけなくても、すぐに投げ出さないで下さい。出来ない箇所を何度も繰り返すのが大事です。

私も、どうしても発音できない箇所がいくつもありました。200回以上繰り返しても発音できないのです。しかし、不思議な事に、その次の日に急に発音できるようになったこともあります(どうやっても無理な箇所もありましたが・・・)。続けて行く中でどうしても無理な文章に出会うと思いますが、少なくとも100回は練習してから諦めて下さい。

その他の注意点として、1つの素材に発音できない箇所が半分以上もある場合、それは自分のレベルにあっていない素材です。少しレベルと落とした素材からスタートしましょう。

最後にオーバーラッピングのコツとしては、文字の先入観を捨てて音声に集中する事です。この単語の発音はこうだろうと思っていても、リエゾンで音が変化していたり、消失・省略しているものもあります。

音が消失している場合、何千回聞き直しても聞き取る事はできません。物理的に発音されていないので当然です。つまり、いくら精聴トレーニングを積んでも、スクリプト通りに聞こえることはないのです。生の英語に近づく程これは顕著です。我々がやるべきことは、「どういう単語の並びだと、どんな感じで消失・省略することが多いか」に意識して慣れていくことです。文字に惑わされず、音声に集中して、洋楽を真似るかのような気持ちで練習しましょう。

【補足】

消失・省略は、「TOEIC新公式問題集」「ダイアログ1800」レベルの英語素材ではほとんどありませんが、生の英語に近い程多くなってくるので注意が必要です。例えば、Randall's ESL Cyber Listening Lab の音声素材を聞いてみて下さい。

上記サイトはアメリカ・カナダ等の語学学校でも使用されている英語学習無料サイトです。質・量ともに素晴らしいです。レベルは、TOEIC以上、生の英語以下、といったところでしょうか。TOEIC新公式問題集は簡単だ、という方は、こちらにトライするのが良いと思います。

続いて、

精聴のための勉強法 -シャドウイング編-

です。

 

♠♣♥♦♠♣♥♦♠♣♥♦

< 基礎力養成編 >
↓ リスニング(基礎) のメニューはこちら ↓

スポンサーリンク



↓最短最速!英語学習室のメニューはコチラ↓

へ戻る!


公開日:
最終更新日:2016/07/10