最短最速!英語学習室【777】

TOEIC 800点超えを達成!苦手だったスピーキングも克服!現在、高いリスニング力習得に向け奮闘中!これまで様々な勉強法に手を出し遠回りしてきました。そんな私の経験から、ムダが無い「最短最速な英語学習法」を紹介していきます!

サイト内検索

カスタム検索

精聴のオススメ素材

◯はじめに

ここでは、私が実際に使用したオススメ素材をご紹介します。

本シリーズは、

・精聴のオススメ素材 ← 今ココ

・多聴のオススメ素材(基礎)

・多聴のオススメ素材(応用)

の3つあります。

◯素材選びの条件

・スクリプト(原稿)が入手可能なもの

・英語学習者を対象としたもの

 

 

(*以下、オススメ度は ☆、 ☆☆、★★★で評価しています。)

◯オススメ素材 【参考書】

DUO 3.0 (オススメ度:★★★)

■スクリプト:入手可能
■感想:英単語の覚え方でも紹介した参考書です。重要単語1600語・熟語1000語が、560個の例文に重複なしに詰め込まれています。例文のCDは別売 (DUO 3.0 / CD復習用)なのでご注意下さい。TOEIC用には特化していませんが、標準的な基本単語は網羅されていると思います。これを聞き込むだけで語彙力・リスニング基礎力がどちらもつく優れものです。私も、大学・大学院時代にこれを聞き込みました。

英単語・熟語ダイアローグ 1800 三訂版 (オススメ度:★★★)

■スクリプト:入手可能
■感想:こちらも優れた参考書です。題名にダイアログ(対話)とあるように、1〜2分程度の対話が108本収録されており、重要な1800語が散りばめられています。DUO3.0の上級版といったところでしょうか。ただしTOEIC用に作られてはおらず、分量もかなりあります。英語力をじっくり鍛えたい方には大変オススメですが、最短最速でTOEICスコアアップを目指している方は、次の「TOEIC新公式問題集」からスタートしましょう。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編 (オススメ度:☆☆)

■スクリプト:入手可能
■感想:TOEIC受験予定ならば、この参考書をやって損はありません。音声スピード・語彙レベルともに、リスニング基礎力を養成するのに申し分ない素材です。さすがに良く作り込まれています。もしレベルが高いと感じる場合は、上記DUO3.0から始めると良いです。私もDUO3.0を聞き込んだ後、TOEIC新公式問題集に進みました。TOEICを受験する予定はなく、ビジネス英語をあまり使わない方は、DUO 3.0やダイアログ1800の方をオススメ致します。

 NHKラジオ ラジオ 英会話 2016年 05 月号 [雑誌] (MONJU未実施)

■スクリプト:入手可能
■感想:NHKラジオ英会話シリーズは昔から非常に高い評価を得ています。私も、中学〜高校にかけて何度か挑戦しましたが、いずれも3日坊主でした・・・。高品質である事は間違いないので、これをメインにオーバーラッピング・シャドウイングすれば高い効果があると思います。

◯オススメ素材 【サイト】

Randall’s ESL Cyber Listening Lab (オススメ度:★★★)

■サイト情報:
-   総数:158回 (Easy:51回、Medium:54回、Difficult:53回)
-   1話あたり:1〜5分
■スクリプト:入手可能
■感想:かなりオススメです。アメリカ・カナダ等の語学学校でも使用されている英語学習無料サイトです。サイト運営者のRandallさんはアメリカ人ですが、日本で英語を約8年教えていたそうで、日本が絡んだ素材もたまにあります。
日常生活の一部分が切り取られた素材が多く、ドラマ・映画とも異なる良さを醸し出しています。1つあたり1〜5分という長さも学習しやすいため、楽しく続けられると思います。
レベルはEasy、Medium、Difficultの3つに別れています。私はEasyとMediumに関してはスクリプトを全て印刷し、オーバーラッピングしました。これでリスニングレベルが1段階上がったように思います。

リスニングプラザ (オススメ度:☆)

■サイト情報:
-   総数:30回 (初級:10回、中級:10回、上級:10回)
-   1話あたり:1〜2分
■スクリプト:入手可能
■感想:ディクテーション用素材に特化したサイトです。初級・中級・上級にレベル分けされており、各10話の素材(1話あたり1〜2分)が収録されています。ただ、政治・社会問題・ニュースなどで使われる難しい単語が多い印象です。文系の方には良い素材と思いますが、理系の方はやり込むメリットは少ないでしょう。本サイトのスタンスである、「ディクテーションが精聴における最高の勉強法」というのは同意ですが、以上の理由から私は初級の10話しかやっていません。

◯オススメ素材 【Podcast】

大杉正明先生とスーザン岩本さんの英会話講座 Cross-Cultural Seminar (オススメ度:☆☆)

■番組情報:
-   放送期間:2006年11月24日〜2010年12月24日
-   総数:211回
-   1話あたり約15〜20分
■スクリプト:入手可能 (*ただし、書籍購入の必要有り)
■感想:Cross-Cultural Seminarとあるように、日米の文化・慣習の違いを大杉先生とスーザン岩本さんが紹介する番組です。「外国人に日本のことを聞かれたら、どう答えれば良いだろう?」と悩んでいる方には、ピッタリの内容だと思います。あるテーマについて、スーザンさんが2〜3分スピーチし、その後、大杉先生が15分ほど日本語で解説する、というスタイルです。スーザンさんの英語は早い方だと思いますが、キレイな発音なので聞き取りやすいと思います。

ESL Podcast (MONJU未実施)

■スクリプト:入手可能 (*ただし、全文ではない)
■感想:英語学習者用のPodcastとしてかなり有名です。TOEICよりもさらにゆっくりなスピードで話されるので、リスニングが苦手な方は、これからスタートする良いでしょう。ただし、このスピードに慣れてはいけません。あくまで入門のつもりで聞き、なるべく早くナチュラルスピードの素材へと進みましょう。全文のスクリプトはありませんが、各回のメイン部分については入手できるようです。

◯オススメ素材 【ドラマ・映画】

My Neighbor Totoro (Two-Disc Blu-ray/DVD Combo) (1988) (オススメ度:★★★)

■スクリプト:入手可能 (*字幕)
■感想:日本人の誰もが知っている「となりのトトロ」の英語版です。英語学習者用の素材ではありませんが、サツキとメイの会話がメインであり、難しい単語・文法はほとんどありません。といっても最初に聞いた時は字幕のスピードについていけませんでした。TOEICをクリアしたあたりで、この素材を使うと良いでしょう。楽しんで続けられる素材というのも大きな理由です。結局はこれが一番大事かも知れません。

・ディズニー系 (MONJU未実施)

■スクリプト:入手可能 (*字幕)
■感想:「となりのトトロ」と同様の理由で、ディズ二ー映画をピックアップしました。私はほとんど見ないため未実施ですが、ディズニーが好きな方は良い素材になると思います。「外国人の小学生くらいの子が楽しむもの」をピックアップするのがポイントです。

 

♠♣♥♦♠♣♥♦♠♣♥♦

< 基礎力養成編 >
↓ リスニング(基礎) のメニューはこちら ↓

スポンサーリンク



↓最短最速!英語学習室のメニューはコチラ↓

へ戻る!


公開日:
最終更新日:2016/07/10