最短最速!英語学習室【777】

TOEIC 800点超えを達成!苦手だったスピーキングも克服!現在、高いリスニング力習得に向け奮闘中!これまで様々な勉強法に手を出し遠回りしてきました。そんな私の経験から、ムダが無い「最短最速な英語学習法」を紹介していきます!

サイト内検索

カスタム検索

精読のための勉強法 -品詞の理解-

 

精読のためには、品詞の理解は必須です。

文章を構成する各単語が、名詞・動詞・形容詞・副詞・前置詞・接続詞のどれに属しているか意識して読みましょう。

前置詞、接続詞については見れば大体判断できると思います。ここでは、それ以外の4品詞「名詞」「動詞」「形容詞」「副詞」の見分け方を見ていきましょう。

<名詞>

名詞は、人や物の名称を表す語です。

名詞に多い語尾には、以下のようなものがあります。

-ment (例:development, argument)
-ness (例:kindness, darkness)
-ance (例:appearance, instance)
-ion (例:transition, mension, decision)
-cy (例:accuracy)
-or (例:director)
-ty (例:beauty)

<動詞>

動詞は、人や物の動作や状態を表す語です。

動詞に多い語尾には、以下のようなものがあります。

-ate (例:negotiate, educate)
-fy (例:satisfy)
-ise (例:realise)

<形容詞>

形容詞は、名詞を修飾する語です。

形容詞に多い語尾には、以下のようなものがあります。

-able (例:portable, comparable)
-ful (例:beautiful, careful)
-cal (例:biological, musical)
-ive (例:active, attractive)
-ous (例:obvious, various)

<副詞>

副詞は、名詞以外を修飾する語です。

副詞の語尾は1つだけ覚えればOKです。

-ly (例:importantly, apparently, really・・・)

 

以上、各品詞の語尾を紹介しましたが、副詞の-ly以外は覚える必要はありません(副詞が重要という訳ではなく、-lyだけなので覚えちゃいましょう)。上記の語尾リストは参考程度にして下さい。今後出会う文章について品詞を意識することで自然に感覚的に理解できるようになります。

わからない単語を辞書で調べるのも有効ですね。その際に語尾にも着目すると良いです。その地道な繰り返しが品詞の感覚を養っていくと思います。

意味の分からない単語に出会っても、語尾の形から品詞が分かる事が多く、推測に役立ちます。また、品詞を意識する事は、TOEICパート 5・6の文法対策にもつながります

 

♠♣♥♦♠♣♥♦♠♣♥♦

< 基礎力養成編 >
↓ リーディング(基礎) のメニューはこちら ↓

スポンサーリンク



↓最短最速!英語学習室のメニューはコチラ↓

へ戻る!


公開日:
最終更新日:2016/07/10