最短最速!英語学習室【777】

TOEIC 800点超えを達成!苦手だったスピーキングも克服!現在、高いリスニング力習得に向け奮闘中!これまで様々な勉強法に手を出し遠回りしてきました。そんな私の経験から、ムダが無い「最短最速な英語学習法」を紹介していきます!

サイト内検索

カスタム検索

スピーキングは短期集中、リスニングは長期コツコツで

 

◯スピーキングは短期集中で最低限のレベルを目指す

前述の通り、英会話に高いスピーキング力は必須ではありません。最低限のレベルに到達すればひとまずOKです。そして、最低限のスピーキング力は、瞬間英作文の短期集中トレーニングで習得できます。詳しくは、スピーキングをご参照下さい。

最低限のレベルで妥協してOKと言っている訳ではありません。スピーキング力も高ければ高いほど良いです。

しかし、高いスピーキング力を求める前に、高いリスニング力を習得する方が重要なのです。「ネイティブ生英語を楽に聞き取れるリスニング力」、これをゲットした後で思う存分スピーキング力を上げましょう。

 

◯リスニングは長期コツコツで高いレベルを目指す

という訳で、最低限のスピーキング力を習得した後は、高いリスニング力習得に全力を注ぎましょう。リスニングに短期集中は通用しません。長期的にコツコツとトレーニングを積む必要があります。

 

◯毎日少しでも聞く事が大事。しかし・・・

そのためには毎日少しでも聞く事が大事です。少なくとも1日15〜30分は聞きましょう。多ければ多いほど良いですが、ムリな目標を設定すると継続が難しいです。

しかし、「どうしても今日は時間がない」「体調が悪い」という日もあるでしょう。

そんな時は思い切って休みましょう。

ちょっと矛盾していますが、一番大事なのは1年、2年、5年、10年といったスパンで聞き続ける事です。月に1〜2日休んでもまーいっか、という気楽な気持ちで、できるだけ毎日15〜30分リスニングしましょう。そのためには、自分が楽しめる素材を選ぶ、というのもかなり重要ポイントです。

 

◯TOEIC 800点までは精聴を重点的に

英語の基礎力がついていない状態で多聴をしても効果は薄いです。目安としてTOEIC 800点くらいまでは、精聴メインで行いましょう。800点をクリアしたら精聴と多聴を半々くらいが良いでしょう。精聴の勉強法は、リスニング(基礎)をご参考下さい。

そして、多聴のオススメ素材(応用)で紹介するような素材について、「スクリプト無しで初めて聞いて意味が半分以上分かる」レベルに到達したら、多聴メインでトレーニングしてもどんどん吸収できるはずです。(エラそうに言っていますが、私はまだこのレベルに到達していません。(2016年4月現在))

 

⇒ 多聴のための勉強法 -字幕リーディング- へつづく

 

♠♣♥♦♠♣♥♦♠♣♥♦

< 応用力養成編 >
↓ リスニング(応用) のメニューはこちら ↓

スポンサーリンク



↓最短最速!英語学習室のメニューはコチラ↓

へ戻る!


公開日:
最終更新日:2016/07/10